バストが大きくなる方法

バストが大きくなる方法は?

女性ホルモン分泌量
バストを大きくするためにはどうしたら良いのでしょうか?

まず女性ホルモンの分泌量を高めましょう。ですがほとんどの人が女性ホルモンの分泌量を増やす所で終わってしまうんですが、女性ホルモンを増やした所でうまく生かす方法やただ分泌量が増えたかどうか体感できないで終わるのもその方しだいなんですね。

結局バストを大きくしたいわけで女性ホルモンの分泌量が増えてもバストが大きくならなかったら意味が全くないですよね。多少の肌の張りの効果や潤いがあるぐらいではないでしょうか?でも求めている効果と違いますよね?

バストを大きくする方法で重要なのは女性ホルモンの分泌量をあげる事も大切です。しかしそれ以上に大切な事は、バスト(胸)の周りの環境を整えてあげる事が重要なんです。例えばクリームを塗るのも、エクササイズをするのも胸の周りの環境を整えるために行いますが、バスト周りの血行を良くしてあげる事が重要なんですよ。

谷間を作るとモテ乳になれる?

モテるバスト
モテるバストは、谷間があってもモテるバストではないです。

形も重要ですし、シミとかあるとモテるバストではないです。

形は外にバストが開いてしまい、お肉を一生懸命寄せようと頑張っていますが、姿勢や骨格・筋肉の面が強いのでお肉をかき集めてもしょうがないんです。呼吸の関係で肋骨の下の方が外に開きやすいので、その分バストも外に開きやすくなります。

ニキビも比較的出来やすいバストの周り

人によってはまったくニキビが出来ないという人もいれば多くできるという方もいるくらいニキビって出来やすい人と出来にくい人って別れると思うことが多いと思います。

バストの周りにはデコルテや胸の谷間などニキビが出来やすい事もありますが、背中の場合にも胸の隣である場合もあるので近いですよね。そんなバストの周りに出来やすいニキビの情報も公開しています。

デコルテに出来るニキビをケアするバストのケア方法は?


デコルテというと首から胸元までの付近なのでバストと少し関係がないように見えますが、ニキビの場合には毛穴があるところがあれば出来るので毛穴が炎症する要素があればニキビはできます。

実際にデコルテに吹き出物のようなぶつぶつが出来ている場合にはニキビであることも多いようです。

もちろんニキビに見えてニキビではない腫物の場合もあるかもしれませんが、それは顔に出来た場合にも言えることもあるため一般的にデコルテににニキビは出来る場合にも比較的多いようです。

ボディケアなのでフェイスケアと違いがあるような感じがしますが、主にバストケアのクリームなどの成分とは少し違う成分が含まれている事も多いです。しかし共通している成分も含まれている場合もあります。

1つの例ですが、バストのクリームでもハイドロキノンとかアルブチンとか顔のシミ予防とか美白化粧品とかに含まれている成分がバストのクリームに含まれている場合もあります。

プエラリアとかも美白など関係している面もある場合もありますが、バストをケアするクリームを使用している場合はニキビのケアと同時にする場合には、市販薬などクリームタイプのものを使用する場合には、バストのケアに使用しているクリームの後に使用する方が良いかもしれません。

またボディケアの化粧品タイプのものでスプレーとか顔でいうと化粧水みたいな感じのアイテムの場合には先に使用するほうが良いかもしれません。

フェイスケアと基本は同じですが、バストのケアと同時に行うだけに出来るだけ簡素に成分と成分がぶつかりにくい様にシンプルな製品を使用していきたいところです。

ニキビでも胸の谷間に出来る場合に良いニキビ化粧品の成分

個人的な感想としてバストを大きくしようとクリームなど使って入念にケアしようとしているとなぜか1つだけニキビが出来ていたりすることがあります。そんな経験ありませんか?
やはりそういった時はデコルテよりも胸の谷間の部分にニキビが出来る場合があります。しっかりケアしていてもどうしても凹凸している面があるのでボディケアでも洗いにくかったりすることもあるかもしれません。

胸の谷間の部分はデコルテを含めてニキビが出来た場合にはどのようなニキビケアをしていくと良いでしょうか?またニキビが出来た場合にはどのような成分が含まれる化粧品を使用したほうが良いでしょうか?

胸の谷間の部分と同じようにボディケアでニキビが出来やすい場所は背中などが当たります。

背中用のニキビ化粧品は背中というケアしにくい場所をケアするのに適した使用しやすい化粧品であることもありますが、背中ニキビ向きの化粧品を使用してもニキビという面は全く同じなので、形状の違いという場合とメーカーによって使用されている成分が違うという面で後は同じ面があるので、背中用のを使用しても問題にならない場合も多いでしょう。

バストの谷間の部分は化粧水タイプを使用するのもあり?

化粧水タイプが良い場合には、胸のニキビのケアにも顎ニキビなど大人ニキビと同じようにビタミンC誘導体を配合した化粧水をそのまま使用してその後にバストのケア用のクリームなど使用している場合には使用するのも良いかもしれません。

ビタミンC誘導体の化粧水の場合にはニキビでも色素が沈着してしまっているようなニキビの痕以外に効果的です。また顔だけでなく全身に使用できるので、ビタミンC誘導体の化粧水や化粧品を使用しても良いでしょう。大人ニキビ用の化粧品を活用するのも使用しやすいです。

胸の谷間用と決して書かれてはいませんが、大人ニキビは顎を中心に出来る顎ニキビであることが多いため顎は皮膚も薄く刺激にも反応して赤みなども出やすいので刺激が抑えられている事もあります。

胸元は脂肪量がありますが、筋肉量は少なめの場合が多いのが胸の谷間の部分にはあるので、顎ニキビ用の化粧品などを活用するのも良いかもしれません。一番近いのでデコルテなので、デコルテに使用できる場合には胸のニキビに使用していくのも良いかもしれません。

バストを大きく使用としている際に使用しているバストのクリームが毛穴に詰まってしっかりボディケアの際の身体を洗う際に汚れが落としきれない時も毛穴に詰まってニキビが出来る元なので、化粧品を使用しる前の顔でいうと洗顔に当たる部分であるボディケアをしっかりまずはしておくのが大事ですね。